スタジオゆりら Diary

ご訪問ありがとうございます!スタジオゆりら管理人が色々長文で語る不定期更新の日記です。

イラストAI「mimic」の続報を受けて

先日スタジオゆりら作品のガイドライン公開に合わせて公開した記事の中で、イラストメーカーAI「mimic」が他者によるイラスト不正利用の懸念を受けてサービスを停止したという出来事を紹介させていただいたのですが

www.j-cast.com

このmimicについて昨日新たな動きがありました。

運営元がTwitterを更新し、懸念されていた他者のイラスト不正利用について、ベータ版2.0の中でどのような対策を講じていくのか説明を行いました。

まずこのmimicのサービス開始にあたり絵描きの皆さんが心配したことといえば「誰かが自分の制作したイラスト画像を無断でこのmimicに読み込ませて、それを自分のオリジナルと言い張りだすのではないか……」ということでした。

規約に禁止事項として「他人のイラストを勝手にアップロードしないでください。必ずあなたが描いたイラスト、もしくは権利を保有しているイラストをアップロードしてください」と書いてはあるものの、制作した本人かどうかを確かめる方法が明らかにされていませんでした。

こうした問題について、大きく3本立ての対策が打ち出されました。

以下、詳細をかいつまんで説明すると

Twitterアカウントの事前審査

運営側のガイドラインに基づいてTwitterアカウントを審査し「ご自身でイラストを描いている」と判断された人のみがイラストメーカーを使える。

学習に利用されたイラスト・mimicが作成したイラストを公開必須とする

透明性を確保するため、上記二種類のイラストは大きな透かしが入った状態で公開される。非公開設定にはできず、作成後48時間は削除できない。

mimicが作成したイラストの不正利用対策

mimicが作成したイラストには必ず透かしが入り、無くすことはできない。万が一不正利用された場合に備えて、追跡するための情報が付与される。

この他にも、削除されたイラストについても情報開示請求に備えてデータが保持される、規約違反が疑われる人の報告フォームが設けられるなどの対策が取られ、状況に応じて追加の対策が導入されるとのことです。

 

迅速!充実!なにより真摯!!

というのが、この発表を受けて最初に受けた印象です。

ベータ版が最初に公開されたのが8月29日、膨大な批判を受けて翌日30日に停止。それから半月ほどの間にここまで対策が整えられるものかと正直驚きました。

mimicそれ自体については面白そうという評価であり、絵描きが悪意あるネットユーザーから守られ、安心して利用できる仕組みづくりが待たれていました。

ユーザーの事前審査によって「これは無断転載アカウントではないか?」と疑われる人はある程度弾かれるし、学習元データが半強制的に公開されることで「これ、私の絵が勝手に使われてる!」と客観的に証明されることになります。

絵描きの端くれの私から見ても「これだけ手厚ければ安心できるかも」と思えたし、Twitterにおいても「ありがとう」「応援してます」という歓喜の声があふれていました。(まぁ自分が実際に利用するかどうかは分かりませんが。。。)

このイラストメーカーAIの話を聞いた当初は正直いって背筋を冷たいモノが走らないわけでもなかったのですが、運営さんは本当に心から絵描きさんの力になりたいと願っていたんだなと、それを態度でしっかり示してくれたなと感じました。

まだまだ課題が完全に解決したわけではないでしょうし、これから新たな問題が出てくることもあるかもしれませんが「この運営ならきっと大丈夫じゃないかな」と今は心から思えるし、応援したいとも思えます。

そして、この対策が上手くいって、今後インターネットにおけるアート・イラスト系サービスのスタンダードになっていくといいなと願います。

ガイドライン公開に寄せて ~著作権と私

昨日、私ゆりらの創作物についてガイドラインなるものを作成・公開いたしました。

studio-yurila.hatenablog.jp

いきなりこんな物々しいモノを引っ提げて、一体何事だと思われた方もいるかもしれません。

背景にあるのは、創作を生業・趣味とする人たちを取り巻く様々な動きでした。

今年に入ってからだけでも色々あったな、と感じます。

news.mynavi.jp

kai-you.net

www.j-cast.com

どれも無断転載・自作発言といった作品の不正利用問題が背景に色濃くあるもの。

私のフォロワーさんや仲良い人も転載被害に遭う人が出てきて「これは他人事じゃないな」と強く感じずにいられませんでした。

「何も言ってないじゃん!だから好き勝手に使っていいってことでしょ?!」と言い逃れされないよう、先手を打つ格好です。

著作権法も一部参考にしながら、自分が作品に対してやってもらって大丈夫なこと、逆にされて嫌なことをできるだけ正確に、そして易しい言葉で表せるよう考えました。

 

SNSの発達に伴い、著作権や作り手への理解不足とそれが引き起こす不正の影響が深刻になっていると感じます。

いいね数やフォロワー数といった数字が、その人の人気やお仕事に直結する時代。作り手への敬意を欠いたユーザーの行動が、よりダイレクトに作家さん・クリエイター志望者さんに影を落とすようになっている気がします。

(あとリンク2つ目のテラーノベルの件は、アクティブなネットユーザーの低年齢化という事象も背景の一つとしてあると思う)

創作を愛する人たちのインターネットライフに幸あれと願わすにいられません。

 

とはいえ、おかげさまで私ゆりらは今のところそういった転載などによる諸々の被害は被っておりません。

昨日創作物ガイドラインを公開した時も「ありがたいです!」というお言葉をいただきました。言語化って色々な恩恵をもたらす大事なことなんですね。

そういえば私が著作権に関心を抱いたきっかけは、うごくメモ帳の作品を公開するインターネットコミュニティ「うごメモはてな」でした。

ゲームキャラを使ったマンガや一発ネタ系の作品、ボーカロイド曲を使ったMV(当時はPVと呼ばれていた)なんかがゴロゴロ転がってたもんです。

当時の私はゲーム雑誌に好きなキャラクターのイラスト等をよく投稿していて、完全にそのノリで「二次創作マンガなぞ描いて投稿してみようか…」なんてぼんやり憧れていたのですが

「なんか、他人が作ったものを勝手に使うと、著作権なるものにひっかかってヤバいらしい」と知って

「じゃあ版権キャラクター描くのや~めた!オリジナル描~こう!」と思い立ち、私ゆりらの看板創作『希望の風サティ』が生まれ、今に至るのでした。

(中学生か高校生ぐらいでちゃんと日本の法律に関心持ってたの偉くない?誰か褒めてくれ)

スタジオゆりら創作物ガイドライン

このガイドラインは、私ゆりらがWebサイトやSNSなどに投稿するイラスト作品や写真、動画(1シーンを切り取った静止画を含む)といった創作物の扱いについて、皆さんにお願いしたいことをまとめたものです。
皆さんが私の作品に基づいて何かしらのアクションを起こした時点で、このガイドラインを読んだものとみなします。

 

 ○やっていいこと○
キャラクターや世界観を使った全年齢向けファンアートや創作物
リツイート、引用ツイート、その他共有機能による拡散
個人的に鑑賞するためだけの保存

※このガイドラインが守られていれば、事前の連絡や相談は不要です※

 

 ✖やってはいけないこと✖
サイトやアプリ、SNSなどへの転載
(全部でも一部でも。加工の有無も問いません)
アイコン・ヘッダー・壁紙などへの使用
自作発言
金銭や利益を得ることへの使用
私本人やスタジオゆりら公式と誤解させる作品公開や行為
以下のような表現を含むファンアートや創作物
・過度にグロテスク、または性的なもの
・暴力やヘイトの助長など、公序良俗に反する、反社会的なもの
・政治、宗教、特定の思想・主義を推し進めるもの
・私や第三者の権利を侵害し、名誉・品位を傷つけるもの
・その他、元作品のイメージを大いに悪くすると判断されるもの

※守れない場合、通報など何かしらの措置を取らせていただきます。
 また、他者との間でトラブルが発生しても責任は一切負いません※

 

 

 【特記事項】
・一定の条件付きで、自由利用できるコンテンツを配布する場合があります。
その時は条件をよく読んで、理解したうえでご利用ください。
自作発言は一切禁止しております。

・ファンアートにおける他作品とのクロスオーバーについて

基本的に歓迎しておりますが、やってはいけないことに挙げた避けてほしい表現に気をつけてください。また、漫画・アニメ・ゲームなどのいわゆる版権キャラクターとの絡みはお控えください。

・線画をなぞり、着彩以降を自分で行ったもの(模写・トレパク)の扱い
やってはいけないことに挙げた「転載(加工あり)」とみなします。

・AI等による学習サービスへの利用
私の作品を含む生成物を、不特定多数の人が見れる状態にしないでください

 


 【最後に】
このガイドラインは予告なく
内容が増えたり減ったり変わったりすることがあります。
常に最新のガイドラインをチェックし、楽しく創作活動しましょう!

コピックアワード挑戦レポ2022

やってきましたよ……今年も……

自分のなけなしの絵描き魂を賭けた挑戦のシーズンが…!

copicaward.com

コピックアワードでございます!!

今年のキービジュアルは青基調でクールですなぁ。

2019年から応募しておりまして、今年でなんと4回目の挑戦。

前年までは審査結果が発表されてから自分の作品紹介と振り返りをしていたのですが、今年は作品が仕上がった段階で早々に、記憶が新鮮なうちにちゃんと振り返りができればと思って記事を書いてございます。

今年の応募作は、コチラ!!

夢想に籠る | COPIC AWARD 2022 OFFICIAL WEB SITE

 

実はもともと、もっと優しげで温かく、本来の自分の作風に近いものを描こうとしていたのですが、日々の生活で色々なことを感じるなかで、もっと自分が今感じていることに正直に向き合って作品にしてみようかと思ったのです。

あ、ちょうどいい過去のブログ記事があったわ。

studio-yurila.hatenablog.jp

コロナ禍、ウクライナ危機、自然災害、ヘイトが生む分断……この世界や人類を取り巻く問題を挙げれば本当に限りがない。

そうした時代や社会のうねりに今、心を痛め強いストレスを感じているのは自分だけじゃないということも知って、形にしてみようと試みました。

こうしている間にも誰かが傷つき、苦しんでいると思うとたまらないけど、自分に出来ることなんてたかが知れている。自分の無力さ・情けなさを思い、それでも自分には自分の日々の営みがありますから「ごめんね」と目を伏せる。

夢・空想はステンドグラス柄のマントとなって、手の届かないものを遮蔽するようにすっぽりと包み込んでしまうのです。

作品の制作がまるで、自分の心の状態と向き合うことそのもののようでした。

今までの自分の作風からずいぶん離れ、また流行りの画風なんかとも程遠いけれど、紛れもなく今の自分が表現したかったことを表現しきれた。そう言い切れますね。

挑戦するたびに大切な学びをアワードから得てきた私、それらをちゃんと活かすことができたと信じたいです。

 

技術関連?の話もしましょうね。

今回「ステンドグラス風の柄を描きたい」と思ったはいいものの、ステンドグラスの柄デザインなんてやったこと無かったので、イメージに近い画像をたくさん調べて研究しましたよ。具体的なモチーフを描いたものではなく、色と形の抽象的なやつ。

どんな風に線で分割し、何色をあてがうことで、描きたいイメージをどう浮かび上がらせることが出来るか。

「考えること多すぎる!!ひぃ~~~~!!」って頭焼き切れるかと思いました(^^;)

ステンドグラスの柄をデザインする職人さんは、こういうことを考えているのかな…すげぇなと感服いたしました。もう本当に。

 

 

 

 

一次審査の結果が11月中旬ごろ発表予定ということで、結果が出たらこの部分に書いて更新したいと思います。

悲願の一次審査通過…ッ!!お願い…お願い…!

承認欲求とか分別とか

こんなニュースをご存じでしょうか?

私は今日のお昼に知りました。

www3.nhk.or.jp

今年4月、新潟県十日町市の美術館に修学旅行で訪れた中学生複数名が、展示されていた作品2つを故意に破損させた。そのうち1つは踏み荒らされて完全に壊れ、修復不可の状態とのこと。

美術館は警察に被害届を出し、作品の修復などの費用支払いを、中学生の通う学校がある新潟市に求めたそうです。

 

なんかもう……絵を描いたり創作をしたりする人間として率直に言うと、まず怒りとか呆れより前に、とてつもない気持ち悪さを感じざるをえませんでした。

(なんで…?こんなことが起きるの?

人が心血注いで形にした作品を、遊び感覚で破壊するの……?

その作品・自己表現に人生かけている作家さんもいるのに……。

他人の物を壊しちゃいけないことが、どうして分からないの?)

とか、そんな思いでもうずっと頭の中ぐるぐるしてます。

SNSなどで作家さんのイラストや作品写真を無断転載・自作発言する悪い人は後を絶ちませんが、その巣窟を見たような気分です。

何が楽しくて、人が困ることを(わざとor知らずに)するのか。

この年代特有の若気の至りとかやんちゃとか、あるいは「社会の枠組みや暗黙の了解なんかに囚われない、自由を貫く自分カッコいい!」みたいなのはあるでしょうが、実害を出して人様に迷惑をかけたこの事件はその次元では済まされません。

「もし自分の大切なイラストや作品が、分別のない人間のせいで駄目にされたら……」と思うだけで、もう感情の渦に呑まれてどうにかなってしまいそうです。

作品を壊された作家さんのことが心配されますが、活動に支障がないことを祈ります。

 

もちろん十把一絡げに「最近の子どもは、中学生は~」などと言うつもりはありません。その修学旅行で来た中学生が全員で破壊していったわけではありませんし。

私の中学生時代にもそういう乱暴で分別のない同級生はいて、ずいぶん厄介な目に遭わされました。そういう乱暴な子と自分を同列にされたんでは堪りません。

既にこの破壊行動を行った中学生を特定しようとする動きがネット上で盛んになっています。「痛い目に遭わせてきっちり分からせろ」などと言われているのを見ると流石に「おい!?おい!!」と思ってしまいます。

正義の名の下に過度に痛めつけるのはよくないことだし、何も悪くない子までとばっちりでその犠牲にならないことを願うばかりです。

世界の果て。

子どもの頃お世話になっていた小児科が、2つ隣の町にありまして。

いつも車で訪れる時、交差点を右折してやや細い道に入っていくのです。交差点を直進することは、ほとんどありませんでした。

あの頃は、あの交差点が自分にとって世界の果てでした。

例えるなら、ゲームの背景。先らしき場所は確かに見えているんだけど、行くことはできないような気がしていました。

なので、何かの用事でその交差点を直進した時は「わ、わ、知らない世界に突入した…!」と、まるで宇宙にでも飛び出したかのような、子どもながらに落ち着かない気持ちになったのでした。

母も同じ思いをしたことがあり、母の場合は1つ隣町にある大きな大きな上り坂。社会科見学の機会などにバスでその坂を越えていく時はやっぱりドキドキしたといいます。

 

そんな、ある日のドライブ車中の何気ない会話。

今日は母の日。

谷山浩子さん『きみがいるから』感想

前回の記事を書いたあとすぐ、ぐらいのタイミングだったかもしれないな…。

今月からNHKみんなのうた」にて、谷山浩子さんの新曲『きみがいるから』が放送はじまりました!

www.nhk.or.jp

いや~~、谷山浩子さん大好きになったきっかけが「みんなのうた」だったのでこれは本当に嬉しいですね(^^♪ 『まっくら森の歌』は至高の名曲。

今回で9曲め(本人歌唱は7曲め)の参加という谷山さん。

きみがいるから わたし今日も生きてる

谷山さんがこんな歌詞を捧げたのは、なんと自分の身体。骨とか内臓とか血管とか、あとは多分脳みそとか筋肉とか色々その辺。

本当に、普段きれいさっぱり忘れてるけどマジで本当にそうなんですよね。骨がちょっと折れただけでも痛くてまともに動けないし、内臓や血管が機能しなくなったら言葉通りに生きていられない。

人類の全パーツが「やっと自分たちに感謝する歌がこの世に生まれたぞ~!\ワ~イワ~イ/」って喜んでると思います(笑)

というジョークもかましつつ。

 

しかしあることを知った時、私は「この曲は生まれるべくして生まれたんだ」と考えるようになりました。

谷山さん、2020年に乳がんであることをオフィシャルサイトで公表されたんですね。

www.taniyamahiroko.com

昔と比べれば幾分生きていけるようになったとはいえ、がんというのはまだまだ難しい病気です。

60代半ばになる谷山さん。そういった経験があったからこそ、やはりご自分の身体に思いを馳せることも増えてきて、自然とこういう曲が浮かんだのかもしれません。

 

谷山さん、編曲の栗原正巳さん、可愛いこまどりアニメを作られた竹内泰人さん、素敵な楽曲を本当にありがとうございます♪

なんか三十路がチラついてる私も、ちゃんと健康に気をつけて生きます(;^ω^)