スタジオゆりら Diary

ご訪問ありがとうございます!スタジオゆりら管理人が色々長文で語る不定期更新の日記です。

パロディーと制作意図

長らく、ニュース等について長文を綴ることがなかったのですが

久しぶりに色々考えさせられたので。

 

6月5日付の毎日新聞朝刊の風刺漫画コーナーに、絵本『はらぺこあおむし』をもじりながらIOCのメンバーを風刺する漫画が掲載されたのですが

この内容に対して『はらぺこあおむし』の出版元である偕成社が、ホームページに社長の名前で抗議の文章を掲載しました。

詳しい内容はぜひ本文を一読いただきたいのですが↓

www.kaiseisha.co.jp

要約すると、まず表現の自由の点から異議を申し立てるものではないと前置きしつつ

そもそも『はらぺこあおむし』の物語の楽しさは、食べて健やかに育つことへの欲求にあるとして

金銭的な利権への欲望を風刺するにはまったく不適当と言わざるを得ません。

としています。

確かに絵本の趣旨に沿うなら、最後に美しい蝶になるのはオリンピックに出る選手でも誰でもなくIOCということになりますね。

文章はこのように〆られています。

風刺は引用する作品全体の意味を理解したうえでこそ力をもつのだと思います。

(中略)

出版に携わるものとして、表現の自由、風刺画の重要さを信じるがゆえにこうしたお粗末さを本当に残念に思います。日本を代表する新聞の一つとしての猛省を求めたいと思います。

おりしもこの一週間前、絵本の作者エリック・カールさんが亡くなりました。 件の風刺漫画にも「エリック・カールさんを偲んで」という文言が添えられていました。

 

自分が世に送り出したものについて「そういう趣旨で使われるのは嫌だ、頼むから止めてくれ~!」と声を上げるのは、とてつもなく勇気がいることです。

それこそ表現の自由の名の元に一蹴され、逆に責められることも十分あり得ます。

そんな中でも、表現の自由は大前提としつつ、作品を引用するからにはその制作意図を重んじてくれと(しかも、よく全文を読んでみると結構強めの言葉で)ハッキリと意思を表明した偕成社は本当にすごいと思いました。

偕成社の絵本は私自身も子どもの頃、学校図書館などでたくさんお世話になりました。『はらぺこあおむし』は勿論のこと『もりのピザやさん』『ともだちや』……

ノンタンシリーズのビデオアニメも大好きで何度見たか分かりません。

多くの人に愛される児童書を抱える、その誇りと責任を大切にする偕成社の姿勢を、私は称賛したいと思います。

そして同時に、

誰かの作品が使われるときは、その作品に込められた思いも大切にされてほしい。

私自身も誰かの作品を使わせていただくときは、最大限大切にしていきたい。

そうしたことを思わずにいられません。

上手くなったこと。

前にこういう、若干ブルーな気がせんでもない雑感記事を書いたのですが

studio-yurila.hatenablog.jp

まさにこの記事を書いている最中に「あぁ、自分は今世の中のこういうことをしんどいと感じて、その時具体的にこんな風に考えがちなんだ」と気づいたわけです。

前の仕事を辞めて再就職を目指すことになった時から、自己分析の一環として物事の感じ方をノートに綴ることを不定期に続けていました。

「こういうことがあった、見聞きした」「その時こんな風に不安になった」という具合で、起きたことと感想をセットで。

少し経ってそれを読み返すと「いやいやwこれは自分の考えすぎでしょうよw」とツッコミを入れたり「こう考えよう、それで少しは楽に生きられる」と思考転換したり、できるようになったわけです。

可視化って大事ですねぇ。冷静になれる。

絵のコンテストに向けて作品を描いたり、動画を作ったりした時も、制作時のことを振り返って書いておくことで、次の制作に活かせられる気がしています。

(この時は反省点だけでなく、成功したと感じることも一緒に記すのがミソ!

ポジティブになれるし、次の制作の効率・表現もよくできたりするので)

これからも続けていきたい、大切な習慣。

動画投稿しました!MV 白銀の小舟


www.youtube.com

本日、YouTubeチャンネル「スタジオゆりら」に新作動画を投稿しました!

今回は歌に合わせたミュージックビデオ(MV)となっております♪

このチャンネルが本格始動する以前にも、うごくメモ帳でMVを作ったことはあるのですが、本格的なデジタルツールのみ(イラスト制作・動画編集)でしっかり制作したのは初めてですね。

楽曲は、自由に使えるフリー素材音楽を多数公開するサイト『魔王魂』さんの歌もの素材を使わせていただきました。

魔王魂 | 無料で使える森田交一の音楽 (maou.audio)

多数ある歌ものの中でも、特に印象的で好きな曲の一つです。曲を聴いて思い浮かんだ「海の精と旅人の恋物語」というコンセプトで作ってみました。

少しムーディで大人な印象の曲調ですが、メルヘンファンタジー風に仕上がりました。

なんか、みんなのうたっぽい作りかも(笑)

実はうごメモで作ったきくおさんのボーカロイド曲「UFO」のMVにも、みんなのうたっぽいですね、という旨のコメントをいただきました。

作品を作る人に対して「〇〇に似てる」「〇〇っぽい」という感想は、作家さんの努力やオリジナリティを否定するとして禁句とされがちですが

私の作るMVでみんなのうたを引き合いに出していただくのは、むしろ嬉しいかもしれません。

音楽を聴くといつも絵や映像がセットになって浮かんでくるのは、間違いなくみんなのうたの影響だと思います。子どもの頃からテレビで何気なく見ていたけれど、大人になってなおさらその良さにどっぷり浸かっている私。

見るといつも童心に帰り、瑞々しい感性を取り戻すことができます。

夢中になって熱を上げる感じではなく、我が家に帰るようなホッとする感じ。

今回の私のMVも、そんな作品に仕上がっていたら幸いです。

向き合い方が分からない。

たまには雑感でも。

コロナが流行してから1年ちょい。

生活様式や認識がガラッと変わり、色々と制約の求められる生活を続ける中で、どうも大きな力のうねりに対して向き合い方が下手になっている気がする。

ダイレクトに突き当たろうとしては、痛みでヘタる。

コロナ関連でなくても時々ニュースで、海外のどこどこの国で大きな問題が起きたとか、日本社会に根付くこういう深刻な問題がとか耳にするたびに「そんなこと言われても、私にどうしろっていうの」と強い無力感ともどかしさに追い立てられる始末。

社会に変革を促す活動家のような度胸は到底持ち合わせていなく、自分の機嫌を保つので精一杯。

(これは文字にして気づいたけれど、もしかしたら「問題に気づいたからには、必ず何かしらの対策を考えて立ち向かわなければならない」という認知の偏りのようなものがあるのかな)

あぁ、マスクをせずとも気ままに好きな遊びに行けて、いつかは好きなアーティストの音楽ライブを見に行くぞと夢を見ていたあの頃が懐かしい。

自粛疲れを起こす人の気持ちが少しだけ分かる気もします。

まぁ、コロナに感染して体調を崩してしんどい思いをする方が嫌なので、じっと耐えるのですが。

密を避けながら、ほっこりできる場所、思いっきり笑ったりできる場所を探しながら、その時を待ちましょう。

まだそこまで年寄りじゃないし、健康にさえ気を付けていれば寿命は当分先だと思うので。生きているうちにはどうにかなるのかな。

最近の好きな曲語り―『マヨナカヨナカ』

2021年になってから、もうどんだけ経ったよ?!

去年と同じかそれ以上にぼちぼち更新出来たらと思いつつご無沙汰気味のブログでしたが、久しぶりにものすごい熱量をもって語れそうなコンテンツ(曲)と出会いまして。

感想を書き連ねてみたいと思った次第です。

 


[オリジナル曲]マヨナカヨナカ(into the midnight)/弦月藤士郎

細かく綺麗に韻が踏まれ、それがキャッチーなメロディと一体になっており、仕掛けに気づいた時は本当に驚きました。

巧みな言葉選びと電子音楽で紡がれるのは、決して穏やかではない夜の世界。

夜の闇が重く被さり、眠りにつくことすら出来ないほどの苦しみに苛まれている精神世界。「普通じゃなきゃおかしいなら」「世の中じゃ碌(ろく)に生きていけないなら」などと歌っていますから、おそらく作中で描かれている「ぼく」は、大多数の人から浮いてしまった故の生き辛さを感じていたりするのかもしれません。

曲中に時々聞こえる水の音は涙や息苦しい水中を連想させ、ケロケロ加工の施された歌声も、満足に声が出せないほどにつかえた胸の内を表しているように感じました。

暗い物語が続くのですが、終盤に差し掛かると不意に「明けない夜なんてないなら」という歌詞が出てきます。

たとえ今が苦しくてたまらなくても、希望があるのならば信じたい……描かれてるのは祈りとか願いとかいう柔らかな物じゃない、たとえ独りでも強く心を押し広げていこうとする覚悟に近いものです。

それを受けての一番最後「陽(ひ)の中で/目を覚ませますように/おやすみ」という所がもう特別好きで、独りぼっちでいるはずなのに誰かがそっと手を包んでくれる、そんなひとすじの救いのイメージが浮かんでくるようです。

ものすごい歌と出会ってしまった……率直にそう思いました。

 

 

ここで曲の作者さんの話を少しさせてください。

この曲を作られた弦月藤士郎さんは、にじさんじに所属するVTuber(ライバーと呼ばれることの方が多い)で、YouTubeライブ配信も歌や楽器演奏など音楽にまつわる内容が多いです。また同期の長尾景さん・甲斐田晴さんと共に音楽ユニットとしても活動したり、同じにじさんじで活動する人たちへの楽曲・音源提供やMIXを多数手がけられています。

好きなことを日常的な生業とするのは、かなり勇気がいることです。

私は絵が好きですが、締切や時間の制約を気にし始めたらきっと追い詰められて描けなくなってしまうと思い、それが嫌で趣味の範囲に留めることを選びました。

弦月さんに限った話ではないとは思いますが、音楽をはじめ表現を仕事に選ぶということは、締切などある程度の制約を承知のうえで、それでもその中で伝えたいことを貫いて形にしていく。生半可なことではないでしょう。

そんな方が自分の世界を音で描くわけですから、それはもう凄まじいはずです。

バーチャルライバーと紹介されることが多いかもしれない弦月さんですが、個人的には表現者・アーティストだと思っています。

もっと弦月さんのオリジナルが聞きたい、そう思わずにいられません。。。

2020年も終わりますな。

時には、だらだらと気持ちを書き綴ってみましょうか。

今年の元日から始まった当ブログ、早いものでもうすぐ1年です。

今年は公私ともに、変化・激動の1年でした。

まさかこんな年になるとは、という感じでしたが。

それでも良いことで言うと、念願のYouTubeチャンネル「スタジオゆりら」で動画を2本アップロードできたり、ブログには書きませんでしたが新しい就職先が決まったり、

昨年以上にオリジナル絵・作品にいっそう力が入り、絵を通して色々な交流ができたのも本当によかった。

好きなことに力を注げることの幸せを感じる今日この頃です。

スタジオゆりら然り、イラスト然り、まだまだ実現させたいことが山積みで、来年はそれらをいくつ実現できるか楽しみでもあります。

このブログも今年より更新頻度上げられたらいいかな~。。。PCが壊れて書けなかったり、忙しかったりしたけど、もっと絵や創作について語りたいものです。

 

そう言いながら、今年の更新はこれで最後という(;^ω^)

よいお年を~!!

コピックアワード挑戦レポ

ひぇええ~~~~ん( ;∀;)

パソコン新調して、久々にブログ書けるようになりました~!

実に7年ほど前から使い倒していた先代PCが、ついに夏ごろから文字を打つと止まるようになってしまいまして、先月ようやく買いなおし、数日前ようやくネットに繋げました!\(*^o^*)/

 

買いなおす前後は本当にいろいろあって忙しかったのですが、今回は、アートのコンテストに挑戦した報告です。

コピックを使った世界規模のアート作品コンテスト「コピックアワード」に、去年に引き続き参加して参りました。

  ↓前回の応募作品↓

公式アカウントでご紹介いただけたものの、残念ながら一次選考通過ならず。。。

このアワードはまず一次審査で入選作品が選ばれ、最終審査でその入選作品の中からグランプリや審査員賞などの各賞が決められるという方式なのですが

今回の目標はもちろん、前回果たせなかった一次審査通過!

意気込み十分で制作した、私の応募作品がこちら!!

f:id:Yuri-La0x7z:20201114151125j:plain

人魚姫 ‐魂の幸福 | COPIC AWARD 2020 OFFICIAL WEB SITE

アンデルセンの名作童話を題材に、王子と結ばれぬ悲恋の物語ではなく、どんな不幸に見舞われてもなお相手の幸せを祈り、永遠へと昇華する強く清らかな魂の物語として表現することに挑みました。

前回の制作で分かった「コピックは広い面をムラなく塗るのが難しい」という特性を考えてグラデーションを活用したり、コミックイラストっぽくならないように画風や色遣いを意識して変えたりしました。

光や泡の表現、補助画材の色鉛筆も交えた材質感……挙げればキリがないほどの挑戦と、それにより得た確かな手ごたえと可能性。

本気の制作はいつでも学びの連続ですが、今回の絵の制作でも本当にたくさんの学びがありました!

 

 

 

……まぁ、落選したんですけどね。

後になって気づいたのですが、そもそも明らかに童話が題材になっている時点でオリジナリティがほぼ無い(´・ω・`)構想を練っている段階で気づけよ私氏(´・ω・`)

また次回の開催も決まっているとのことなので、次は借りものじゃない、自分の中から生まれるイメージをより一層大切にしながら制作していこうと思います。

世界の壁は果てなく高いけど、何者も私の中の炎は消せやしない!

次回こそ入選目指して、がんばるぞ~~!!