スタジオゆりら Diary

ご訪問ありがとうございます!スタジオゆりら管理人が色々長文で語る不定期更新の日記です。

「絵が上手くなりたい」を因数分解する

先々月の話にはなりますが、購読させていただいている(id:rito-jh) さんのブログで、興味深い記事を拝見しました。

絵が上手くなりたい……ちょっとでも絵を描く人間にとっては永遠の悩みですね。

なかなかど~して業の深い言葉・欲望だと思うのです。向上心という皮を被って、時に絵描きを追い詰め苦しめる。本質は意外と凶暴。

他人から「絵が上手い」と称賛されても、心の中では煮え切らない思いだったり。俗に神絵師と呼ばれる人の「もっと上手くなりたい」という呟きに「もう十分上手いじゃないか!」「この人が下手なら自分は一体何なんだ…!?」と深く絶望したり。

私も本当に本当に長いこと悩まされてきたのですが、ある時突然、ふっとその悩みから解放される時が来ました。

考え方を上手く変えることで、必要以上に悩まなくなったのです。

どう考えるようにしたかというと……

「具体的に何を理想とするのか?」

作風というのは千差万別ですから、漠然と「上手くなりたい」「画力が欲しい」と思うと、終わらない無い物ねだりが始まってしまいます。

しかし、例えば「創作で、キャラの表情を生き生きと描きたい」「背景を描けるようになりたい」「思い切った色使いをしたい」と具体的な目標が決まれば、迷うことも多少減って、何を磨いていけばいいか定まってくる気がするのです。

別の言い方をするなら、競争相手は他人じゃなく自分、ということかも。

まぁその目指す所というのも、たくさん描いて悩む中で見つけていくという過程を踏む必要はありますが。。。

私自身たくさん描いて他人に見せ、たくさん絵を見ることで徐々に目指したいものが定まり、心が振られることも減っていきました。

1人でも多くの人が、向上心と上手く付き合いながら楽しく絵を描けるようになることを願ってやみません。

 

余談ですが今回の記事、当初タイトルは「絵が上手くなりたいって言うの、禁止!?」だったんですが、なんか語弊がある気がして止めました(;^ω^)

何はともあれ、りと様、この度は考えを深める素敵なきっかけをくださってありがとうございます!